Mindfulness Program

マインドフルネス・プログラム

with Larry Ward & Peggy Rowe-Ward

ラリー先生とペギー先生から一緒に学びましょう。

 

今年9月も、アメリカからラリー先生とペギー先生をお招きし、マインドフルネスのリトリートやワークショップを開催いたします。

(お二人は、プラムヴィレッジ公認のダルマティーチャーです。)

プログラムは、私達京都マインドフルネスセンターとラリーさんとペギーさんが主宰されているロータス・インスティテュートとのコラボレーションで生まれたもので、

世界をより良くしたいと望む人達(チェンジメーカー)のためのプログラムです。

Collaboration.jpg

<こんな人へ>

・より良い社会を創るための「チェンジメーカー」の1人になりたい方

・マインドフルネスをより深く理解・実践されたい方

・マインドフルネスを、ご自身の日常生活や仕事で活かし、より幸せな生活を送りたい方

・この文章を読んで「何か気になった」「ワクワクした」方(^^)

(マインドフルネスの経験がない方もご参加になれます)

2 Day ワークショップ in 妙心寺

Be Yourself: Wake Up to Your Precious Life

本来の「ワタシ」に目覚める2日間

9月15日(日)〜 16日(月祝)

※1日のみの参加可能

2泊3日のリトリート in 京都

The Four Gates of Mindfulness

マインドフルネスの4つの門

9月21日(土)〜 23日(月祝)

※1泊2日の参加可能

_________

ウォードご夫妻について

先生方は20年以上もの間、禅僧ティク・ナット・ハン師に伴い、世界中で平和活動とリトリートの活動をしてこられ、現在は米国にて、NPO「ロータスティテュート」を主宰、マインドフルネスの理論や実践方法を伝えるための「ディープブディズム」の独自の教育プログラムを展開し、非暴力的な社会を創ること、この世界を癒し、より良くする活動にその人生を捧げています。 

イベントに参加される方々は、先生方から多くのインスピレーションと勇気を得られることと思います。

ラリー先生は仏教を中心とした宗教学の博士号を持ち、キリスト教の司祭でもあります。博士課程で学修した脳科学の最新知識に基づいた内容は、受講生から大変好評を得ている。
ペギー先生は教育学の博士号を持ち、成人教育およびカウンセリング心理学の学位を取得しています。

先生達の教育スタイルは、経験的で幅広い専門性から発せられるものである上、 楽しく、創造的であり、伝統的な儀式からレジリエンス(回復力)等の新しいスキルまでが統合された素晴らしいものです。

是非、ラリー先生とペギー先生から一緒に学びましょう。

 

_________

マインドフルネスを、日常に

下記は昨年2018年、ラリー先生がガイドをされた「1Day リトリート」の一部です。是非ご覧ください。

(先生方の講義は英語ですが、同時通訳があります。)

MINDFULNESS IN DAILY LIFE


Collaboration sans Text XSmall.jpeg